さとうほなみ、女優業の展望明かす「別の一面も演技を通して出していけたら」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』に出演するさとうほなみ (C)東海テレビ

 ロックバンド・ゲスの極み乙女。の“ほな・いこか”こと、さとうほなみが、11日放送の東海テレビ制作・フジテレビ系連続ドラマ「オトナの土ドラ『さくらの親子丼』」(毎週土曜 後11:40)第6話に出演することが決定。映像・舞台と女優として活動の幅を広げているさとうだが「バンドとしていいものを届けるためには、格好いい演奏や、パフォーマンスを目指している所がありますが、女優の活動では、おもしろさであったり、時にシュールであったり、自分の別の一面も演技を通して出していけたらといいと思っています」と、展望を明かした。

【写真】吉本実憂&さとうほなみの共演シーン

 同ドラマは貧困、親子の不仲、摂食障害、引きこもりなど、今の日本のリアルな社会問題について全国で取材してストーリーに反映。古本屋の女主人・九十九さくら(真矢ミキ)が、空腹で行き場を失くした人たちに無償で親子丼を振舞うことで心の交流を図る社会派人情ストーリー。

 さとうはさくらが九十九堂で提供する親子丼を食べに来た“インスタ映え”に夢中の女性役で、さくらの親子丼を撮影しインスタグラムで発信する。その影響で、九十九堂に長蛇の列ができるようになる。その親子丼の写真は、ドラマの放送とほぼ同時のタイミングで、11万3千人のフォロワー数を持つ、さとうのインスタグラムでも発信される連動企画が行われる。

 撮影でさとうは「写真を撮ったらテンションが上がる感じの表情を…」との監督の演出にうなずき、本番は一発OKで終了。女優としての勘の良さを発揮した。「子供の頃、こちらの仕事に関わらせて頂いた時期も少しだけありましたが、次第にバンドの方に集中していきました。でもその間、ずっと女優業はやりたかった仕事でした」と念願かなったようで、「さくらさんのような懐の大きな女性を演じたい。どーんと受けるよ!! みたいな感じで」と今後の展望についても笑顔で語った。

 劇中では美味しそうな親子丼も登場するが、実は「鳥自体が怖くて…。特に皮の部分が苦手で、鳥料理が全然食べられなかったんです」と告白。ところが「でも20歳ぐらいの時に何を思ったか、鳥専門店でバイトをしたんです。居酒屋で働こうと思って、でもそこが鳥専門店ということ気づかずに(笑)。ただ、その店で食べた名古屋コーチンの親子丼がとても美味しくて、その親子丼がきっかけで鳥料理が大好きになったんです。今回の出演も親子丼を食べたり、私は親子丼に縁があるのかな!? 運命の親子丼、再びですね」と縁を感じていた。

オリコンニュース