地方点描:CS[男鹿支局]

お気に入りに登録

 今月3日、男鹿市の払戸小学校で創立140周年記念式典が行われた。同校は1877(明治10)年設立の渡部小学校が前身。式典で子どもたちは、地域を開拓した江戸時代の篤農家・渡部斧松の名前を挙げながら学校の歴史を紹介していた。

 72(明治5)年の学制発布を受け、全国では次々と小学校が設立された。そのため2013年以降に140周年となる学校は多い。一方で、統廃合により節目を迎えられなかった学校もある。男鹿市内でも統合が進み、現在の小学校数は6校。約30年前の17校に比べると3分の1近くに減っている。

(全文 647 文字 / 残り 398 文字)

同じキーワードのイベント情報