大曲工高・須田さん、南極から授業へ 第59次観測隊に同行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第59次南極観測隊の同行者として南極への出発を待つ須田さん

 秋田県大仙市の大曲工業高校教諭の須田宏さん(46)=秋田市広面=が今月下旬、第59次南極観測隊(夏隊)の同行者として南極へ出発する。文部科学省などによると、教員の参加は本県初で、工業高校の教員では全国初。

 現地から衛星回線を使った「南極授業」を行う予定で、須田さんは「理数離れが問題視される中、秋田の子どもたちに少しでも理数系の分野に興味を持ってもらえるような授業にしたい」と意気込んでいる。

(全文 811 文字 / 残り 614 文字)