Jアラート訓練、横手市でトラブル 防災ラジオ警報流れず

お気に入りに登録

 総務省消防庁は14日、ミサイルの発射や災害情報を国から自治体へ伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉訓練を実施した。

 秋田県内では横手市で防災ラジオ向けの割り込み放送機材が作動せず、警報内容を市民に送信できないトラブルがあった。訓練直前に機材の作動状況を確認した職員が、誤って電源を切ったためとみられる。

(全文 385 文字 / 残り 228 文字)