秋田八幡平でスキー場開き 県内トップ、リフト運行は見送り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新雪に覆われたスキー場を歩くスノーボーダー

 秋田県鹿角市の秋田八幡平スキー場が17日、県内トップを切ってオープンした。同日現在の積雪は約30センチ。本格的な滑走には足りないため、リフトの営業運行開始は見送った。

 レストハウスで安全祈願祭が行われ、関係者約50人が出席。一般のスキーヤー・スノーボーダーの姿も見られ、自力で雪山を上り、新雪の感触を楽しんでいた。

(全文 490 文字 / 残り 332 文字)