「わげもん」の工夫きらり ふるさと村、高校生らが産業祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来場者に人気の「テクノコースター」

 実業系の学科で学ぶ県内の高校生や専門学校生らが、活動成果を披露する「若者(わげもん)チャレンジ産業祭」が、横手市の秋田ふるさと村で開かれている。18日と最終日の19日は、生徒らが企画に携わった加工品や農産物を対面販売するチャレンジショップも開かれる。

 作品の展示コーナーでは、大曲技術専門校が製作した「テクノコースター」が人気を集めている。高さ約2・5メートル、幅約5メートルのやぐらの中で、鉄球(直径3センチ)がレール上で跳ね上がったり、多彩な音を奏でながら階段を下ったりする仕組み。

(全文 483 文字 / 残り 239 文字)