秋田NB、横河武蔵野に惜敗 ラグビー・トップイースト1

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田NB―横河武蔵野】前半9分、秋田NBのCTBトゥクフカが抜け出してトライを決める=あきぎんスタジアム

 社会人ラグビーのトップイーストリーグディビジョン1(10チーム)は18日、各地で第8節第1日4試合を行った。秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は秋田市のあきぎんスタジアムで横河武蔵野(東京)と対戦。前半は1トライを決めて7―7で折り返し、後半はPGを成功させて勝ち越したが、終盤にトライを許して10―12で惜敗した。通算3勝5敗で今季の負け越しが決まった。今季最終戦の第9節は25、26日に行われ、秋田は26日午後1時から、同スタジアムでセコム(埼玉)と戦う。

横河武蔵野 12―10 秋田NB
      (7―7)
      (5―3)

(全文 548 文字 / 残り 280 文字)