避難所運営、性的少数者に配慮を 県内団体がガイド本

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
性的少数者への配慮を求めてESTOが作成した防災ガイドブック

 県内を拠点に同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の支援に取り組む「性と人権ネットワークESTO(エスト)」(真木(まさき)柾鷹代表)は、性的少数者に配慮した災害発生時の避難所運営や支援の在り方について自治体関係者らに考えてもらおうと、「多様な性を生きる人のための防災ガイドブック」を作成した。

 東日本大震災発生時、避難所生活などで困難に直面した性的少数者が多数いたことを受けて作成。震災時に困ったことや自治体への要望、使いやすい避難所運営など10項目に分けて編集している。

 自治体への要望をまとめた項では、避難所に男女別の風呂しかなく利用できなかった人がいたことを踏まえ、一人用のシャワーブースの設置を求めた。

(全文 700 文字 / 残り 388 文字)