雪に負けず熱い声援 ブラウブリッツ・ホーム最終戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪が降る中、秋田の選手たちに声援を送るサポーター=秋田市のあきぎんスタジアム

 サッカーJ3で初優勝を目指すブラウブリッツ秋田が19日、秋田市のあきぎんスタジアムで福島と戦い、2―1で勝利を収めた。観衆2381人の大半を占めた秋田サポーターは風雪の中、今季ホーム最終戦を白星で飾ってほしいと熱い声援を送り続けた。秋田はこの日、約2カ月ぶりに首位に浮上。サポーターからは、県外での残り2試合にも駆け付けて最後まで応援するという声も聞かれた。

 山形県大石田町の会社員石井智里さん(31)は、秋田のMF日高慶太選手(27)=元J2山形=を応援。日高選手は2点目につながるパスと献身的な守備で貢献し、石井さんは「(山形に所属していた頃から見てきた)日高選手が攻守に活躍してくれてうれしかった。はらはらする展開の中、最後までよく守った。このまま優勝へ突き進んでほしい」と期待した。

(全文 731 文字 / 残り 385 文字)