鷹巣の街並み、今と昔を一枚に 地元有志がマップ製作

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
完成したまち歩きマップ。左が現在、右が1955年ごろの様子

 北秋田市鷹巣地区の街並みの変化に思いをはせながら散策が楽しめる「たかのすまち歩きマップ」が完成した。表は現在ある店舗などをイラストの地図で紹介、裏は1955(昭和30)年ごろの航空写真をベースに構成してある。地元商店関係者やデザイナーらでつくる実行委員会(佐藤大委員長)が、地区の魅力を発信しようと製作した。

 地図の製作では一般市民の目線を取り入れようと、6月に市内外の約20人が参加しての取材イベントを開催。街歩きをしながら、商店主からお薦め商品や店の歴史などを聞き取り地図に反映させた。

(全文 513 文字 / 残り 267 文字)