高橋優、初の警察官役で『オトナ高校』出演 秋田弁で熱演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『オトナ高校』第6話(11月25日放送)に高橋優がゲスト出演。警察官を熱演(C)テレビ朝日

 シンガーソングライターの高橋優が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(毎週土曜 後11:05~11:59)の第6話(25日放送)に、“俳優”としてゲスト出演する。高橋が歌うドラマ主題歌「ルポルタージュ」のミュージックビデオに、主演俳優の三浦春馬がゲスト出演して話題になったが、今回はその逆バージョンでの共演が実現した。

【場面写真】「口角」に注目!? 高橋優の出演シーン

 同ドラマは、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。登場人物が“不倫”“引きこもり”“ED”“同性愛”などの悩みを抱えながらも、告白したり失恋したり、ピュアすぎる大人たちの、せつない恋愛模様が加速している。

 第6話では、国家の極秘プロジェクトだったはずのオトナ高校の存在がSNSで拡散。 野次馬たちが校門の前に押し寄せ、英人ら生徒は社会的立場の崩壊危機に直面してしまう。そんな中、オトナ高校の警備にやって来た警察官が、高橋の役どころ。

 短いシーンでの出演ではあるものの、撮影現場に現れた高橋は「何日も前から警察官のつもりで役作りをしてきた」と気合十分。撮影は11月1日に行われ、ハロウィーンでも仮装したことがないという高橋は、人生初となる警察官の制服に袖を通すや大興奮で、1日遅れのハロウィーン気分も味わっていた。

 そんな高橋に、監督からいきなり「(高橋自身の出生地が秋田であることから)秋田弁でせりふを言ってほしい」との“演出”が入ると、即座に「幼少の頃から警察官になりたかった男が秋田から出てきて、オトナ高校を守るために任務に就いた…というストーリーを自分の中で作り上げ」、パーフェクトに秋田弁で対応。「字幕が必要なくらい出しました。『それはよくないよ、止めた方がいいよ』という意味の『だりゃ!』など、コアな秋田弁をさりげなく盛り込んだので、聞き取っていただければ」。さらに、野次馬を止める芝居でも「もっと強く止めた方がいいですか?」と、真剣な表情で監督に相談するなど、熱心に取り組んでいた。

 「問題は演技なんですよね…(笑)」と謙遜する高橋に、三浦は「ドラマでの優くんのお芝居は初めて見ましたけど、すごくナチュラルでよかったです!」と絶賛。注目ポイントに「口角」をあげ、「優くんが野次馬に『帰れ、帰れ』と言った後の表情です。いつも思っていたことなんですけど、優くんの口角は何とも愛らしいんです! 今回もその口角の魅力が詰まった、いい表情をされてるなぁ、と遠巻きに見ながら思っていました」とニッコリ。高橋は「春馬くんは優しいことを言ってくれるから、癒されちゃう」と照れ笑いしていた。

同じキーワードのイベント情報