山田孝之さん、秋田ロケを語る 「自然美しく、風車は迫力」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
報告会終了後にオーディションで選ばれた出演者らと記念撮影をするプロデューサーの山田さん(中列左から2人目)

 俳優の山田孝之さん(34)がプロデュースする映画「デイアンドナイト」の撮影経過報告会が22日、秋田県三種町の八竜ふれあいセンターで開かれ、山田さんやオーディションで選ばれた出演者ら計約30人が、撮影の苦労話や映画制作に携わる喜びなどを語った。

 映画は三種町浜田で3日にクランクイン。山田さんは出演せず、全体のプロデュースや脚本作りといった裏方に徹している。撮影は同町のほか、鹿角市や秋田市でも行われている。

 山田さんは、天候に恵まれず撮影が思い通りに進まなかった苦労話などを紹介。撮影の感触として「鹿角市は自然が美しく、三種町の風車は迫力がある。きれいな映像が撮れていると思う」と話した。自身の役割については、役者としての経験を踏まえ「出演者が演技に集中できる環境を整えることに最も力を入れている」と語った。

(全文 611 文字 / 残り 256 文字)

同じキーワードのイベント情報