「圧力との批判は不本意」と前県議会議長 にかほ陣屋補助金

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
渋谷正敏・前県議会議長

 前県議会議長の渋谷正敏氏は22日、にかほ陣屋のカラオケ施設増築に関して取材に応じた。渋谷氏は「大きな赤字部門(乳畜産物加工販売)のてこ入れのために取り組んだこと。センター社は、施設の魅力をアップさせて集客を伸ばし、働く従業員の雇用を守るために自己資金で取り組んでいる。そうした思いを熱く語ったことが県職員から怒鳴り散らすと受け止められたり、圧力を掛けたと批判されたりすることは不本意だ」と話した。