ミズノが指定管理、由利本荘アリーナ 来年10月オープン

お気に入りに登録

 来年10月に秋田県由利本荘市石脇にオープン予定の総合防災公園「由利本荘アリーナ」の指定管理者に、総合スポーツメーカー「ミズノ」(本社大阪市)を核とする「ミズノグループ」が選ばれたことが22日、分かった。同日開かれた定例会見で長谷部誠市長が明らかにした。市議会12月定例会に議案を提出、議決を経て基本協定を結ぶ方針。

 指定管理については8月1日から9月22日まで公募を行い、四つの共同事業体(代表団体はいずれも県外企業)から申請があった。10月19日に選定委員会を開き、プレゼンテーションを行った上で、サービスや管理面など複数の項目を採点し、合計点数が高かった共同事業体を選んだ。期間は2018年7月1日から2023年3月末まで。

(全文 658 文字 / 残り 343 文字)