庭のユズ、香り爽やか 秋田市の民家でたわわに実る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
たわわに実ったユズを見上げる鎌田さん

 秋田市上北手の民家でユズがたわわに実り、晩秋の庭に彩りを添えている。

 ユズを育てているのは、同所猿田の鎌田和朗さん(83)。10数年前に苗木を植え、施肥やせん定などの手入れを続けてきた。

 木の高さは4メートルほど。今年は、約150個のテニスボール大の実をつけた。辺りにはかんきつ類特有の爽やかな香りが漂っている。

(全文 273 文字 / 残り 116 文字)