西武の牧田、条件次第では残留も ポスティングでの米移籍

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
牧田和久投手

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す西武の牧田和久投手(33)が23日、メットライフドームでのファン感謝祭に出席し、希望条件について「メジャー契約を取れるか。マイナー契約なら残留にするのか、それでも行くのかちょっと考える」と話し、条件次第では西武に残留する考えを明らかにした。

 日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)がポスティングシステムの改定交渉で合意に達し、米国時間12月1日(日本時間2日)に新協定が発効する。移籍への障害がなくなり「いい方向にいってくれればいい」と期待した。