ハピネッツ、B1富山に挑む 天皇杯、25日から3次R

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ストレッチで調整する秋田の選手=秋田市の秋田アスレチッククラブ

 バスケットボールの第93回天皇杯全日本選手権(日本バスケットボール協会主催、秋田魁新報社など共催)は25日から、全国8会場で3次ラウンドが行われる。男子Bリーグ2部(B2)の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、神奈川県平塚市のトッケイセキュリティ平塚総合体育館で1部(B1)の富山と5回戦を戦う。けが人を抱える苦しい状況だが、B1の壁を打ち破り、来年1月に8チームで争う4次ラウンド出場を目指す。

 秋田は今季、B2優勝、B1昇格と並んで天皇杯制覇を目標に掲げてきた。天皇杯は今回から大会方式が大きく変わり、3次ラウンドからB1勢が登場。今年1月の前回大会ではB1千葉が初優勝し、勢いそのままにシーズンでも好調を維持してチャンピオンシップに出場した。秋田の今後を占う上でも、天皇杯での戦いぶりは注目だ。

(全文 808 文字 / 残り 456 文字)