美大教授が「風にそよぐグラス」再現 秋田市新屋で展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
展示されている「風にそよぐワイングラス」

 秋田公立美術大学の小牟禮尊人教授の作品「風にそよぐワイングラス」が、秋田市新屋の新屋ガラス工房で展示されている。来月25日まで。

 「風にそよぐ―」は、120年前に亡くなったイタリアのガラス職人ジョゼッペ・バロビエールが残した作品と同様のグラス。高さ22センチのグラスは、タイトルの通り、そよ風を受けるとしなやかに揺れるという。

(全文 367 文字 / 残り 203 文字)