砂浜に遺体と木片が漂着 にかほ市金浦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ばらばらになった木片などが漂着したにかほ市金浦の砂浜

 4日午前8時10分ごろ、秋田県にかほ市金浦の砂浜で、頭部が白骨化した遺体が漂着しているのを近所の70代男性が見つけ、にかほ署に届け出た。周辺には木造船のものとみられる木片が散乱していた。にかほ署は遺体の死因や身元などを調べている。

 同署によると、遺体は男性で身長約155センチ。波打ち際にうつぶせで倒れていた。年代は不明。黒っぽいトレーナーと下着、パンツを身に着けていたが、身元が確認できる所持品はなかった。

(全文 489 文字 / 残り 284 文字)