季節ハタハタ、八峰町で初水揚げ 週末の「本隊」接岸を期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今季初めて水揚げされた季節ハタハタ=八峰町の県漁協北部総括支所

 秋田県八峰町で4日、季節ハタハタ1・1キロが水揚げされた。産卵のため八森漁港に接岸した全長20センチ前後の雌12匹が刺し網に掛かった。今年の県内の初漁で、昨年より4日遅い。

 網に掛かったのは群れの「先発隊」の一部とみられ、県漁協北部総括支所は「今週末には『本隊』が接岸し、漁が本格化するのではないか」と期待を寄せている。

(全文 304 文字 / 残り 143 文字)