競歩・小林(秋工高出)に新人賞 日本陸連、銅メダル評価

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小林快

 日本陸連は6日、今年の表彰選手を発表し、最優秀選手に8月の世界選手権男子50キロ競歩で銀メダルを獲得した荒井広宙(自衛隊)、新人賞には銅メダルの小林快(ビックカメラ、秋田工高―早大出)を選んだ。男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98の日本記録を樹立した桐生祥秀(東洋大)は特別賞となった。

(全文 349 文字 / 残り 198 文字)