「公共放送の意義認めた」 最高裁判決にNHK会長

お気に入りに登録

 NHKの上田良一会長は7日の定例会見で、受信料制度を合憲とした最高裁大法廷判決について「公共放送の意義を認めたもので、受信料制度を視聴者に丁寧に説明し、公平負担の徹底に努めたい」と述べた。

 上田会長は「放送法を順守しながら自主自律を貫いていく」とした上で、「放送と通信の融合の時代、視聴者の期待に応えられる、情報の社会的基盤としての役割を果たしていきたい」と語った。