Jリーグ側、八橋の改修点指摘 J2ライセンス取得へ協議

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
J2ライセンス取得に向けたJリーグとの協議状況について説明したBB秋田の岩瀬社長

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)の岩瀬浩介社長(36)は7日、2019年のJ2参入に必要なライセンス取得に向けたJリーグとの協議状況を明らかにした。BB秋田が暫定的な本拠地として考えている秋田市営八橋陸上競技場について、Jリーグから照明設備など大きく三つの改修点を指摘されたとした。

 岩瀬氏が県庁で会見し説明した。Jリーグ広報部は「個別のクラブの案件については協議の有無を含めて答えられない」としている。

(全文 586 文字 / 残り 377 文字)