県が交通死亡事故「多発注意報」 雪道スリップも気を付けて

お気に入りに登録

 秋田県内で高齢者を含む交通死亡事故が相次いでいることから、県は7日、「交通死亡事故及び高齢者交通死亡事故多発注意報」を発令した。

 発令基準には達していないが、降雪によるスリップが原因とみられる死亡事故が6、7日に続いたことを受け、早期の注意喚起が必要だと判断した。期間は11日までの5日間。

 県県民生活課は「雪の降り始めはスリップ事故の危険性が高まるので、スピードを出し過ぎないことや、急ハンドルや急ブレーキをしないよう心掛けてもらいたい。歩行者は、暗い道では反射材を着けてほしい」と呼び掛けている。

(全文 532 文字 / 残り 281 文字)