ノーベル平和賞、授賞式を取材へ 鐙さん、核廃絶への思い発信

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ノルウェーで取材を続けてきた鐙麻樹さん=オスロ(本人提供)

 秋田市出身でノルウェー在住のジャーナリスト鐙麻樹(あぶみあさき)さん(33)が、今年のノーベル平和賞に選ばれた「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の授賞式(現地時間10日)を現地で取材し、その模様をネットニュースで伝える。授賞式に出席する日本人被爆者の声や現地の反応などを届けることで、唯一の被爆国である日本のジャーナリストとして、核廃絶への思いを発信する。

 鐙さんの記事はヤフーニュースのウェブサイトで閲覧できる。

(全文 989 文字 / 残り 777 文字)

秋田魁新報電子版でもコラム連載