BB秋田・Vへの軌跡(下)杉山語録 高いプロ意識にじむ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
選手に指示を出す杉山監督(左)=12月3日、鳥取市のとりぎんバードスタジアム

 J3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)を初優勝に導いた杉山弘一監督(46)は試合後の記者会見などで、印象的な言葉を発してきた。指揮官としての高いプロ意識やサッカー観がにじむ「杉山語録」を紹介する。

 「われわれは練習で、いろいろな想定をしてからゲームに入る。全てのことが『想定内』になるように戦っている」(5月14日、福島とのアウェー戦後の会見で)

 杉山監督は一貫して準備の大切さを説く。考え得るあらゆる展開を想定したトレーニングを経た上で、試合に臨ませる。この日は福島が秋田対策として従来と異なるフォーメーションで挑んできたが、これを想定していた秋田は難なく退けた。

(全文 1136 文字 / 残り 853 文字)

この連載企画の記事一覧