事故防止に役立て 湯沢署などへ反射材、事業主交安推進協

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
たすき型の反射材を贈る木村会長(左)

 湯沢地区事業主交通安全推進協議会(木村剛会長)はこのほど、歩行者の交通事故防止に役立ててもらおうと、秋田県湯沢市と羽後町、湯沢署にたすき型の反射材をそれぞれ100本贈った。

 同署で開かれた贈呈式で、木村会長が市くらしの相談課の高橋亨課長、町生活環境課の横井弘課長、同署の岡部健署長にそれぞれ反射材を手渡した。

(全文 276 文字 / 残り 121 文字)