ハタハタ釣り、転落事故相次ぐ 由利本荘市

お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市で8日、ハタハタ釣りの転落事故が相次いだ。

 由利本荘署によると、同市松ケ崎字西離山の松ケ崎漁港で午前3時35分ごろ、秋田市の60代男性会社員が釣りをしようと防波堤を歩いていて足を踏み外し、約2メートル下の海に転落。近くで釣りをしていた男性が投げたロープにつかまり、消防に救助された。会社員は両手に擦り傷を負った。

(全文 300 文字 / 残り 135 文字)