バイアスロンW杯、立崎幹33位 立崎芙は39位

お気に入りに登録

 バイアスロンのワールドカップ(W杯)は8日、オーストリアのホッホフィルツェンで行われ、全員が自衛隊所属の日本勢は男子10キロスプリントで立崎幹人(秋田県小坂町出身、野辺地高―早大出)は33位、枋木司は97位だった。女子7・5キロスプリントは立崎芙由子(北秋田市出身、米内沢高出)が39位、古谷沙理は67位、三橋李奈は75位で終えた。(共同)