湯沢納豆汁、25%減塩で優勝 うま味調味料で郷土料理競う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝した納豆汁

 うま味調味料を活用した「郷土料理コンテスト」の表彰式が9日、川崎市の味の素グループうま味体験館で開かれた。湯沢市の女性6人でつくる「湯沢フラウアスリート村」の納豆汁が優勝し、代表者に表彰状が手渡された。

 「日本うま味調味料協会」(東京)が昨年から開催。うま味調味料を使うことで郷土料理の減塩を進め、健康的に将来へ引き継いでいくことを目的としている。

 応募者は伝統的な料理のレシピ、減塩したレシピ、減塩したものにうま味調味料を加えたレシピの3種類を、うま味の強さや食感など八つの評価項目で比較し、レポートを提出。料理や栄養学の有識者らが審査した。

(全文 550 文字 / 残り 277 文字)