アフリカの料理やダンス、留学生がイベント 秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
留学生がアフリカの伝統料理を振る舞った「秋田×アフリカTIME」

 秋田大のアフリカ人留学生らが伝統料理を振る舞ったりダンスを披露したりするイベント「秋田×アフリカTIME」が9日、秋田市の東部市民サービスセンターで開かれた。秋田大学医学部のサークル「IFMSAKT」(イフムサクト)が初めて開催。家族連れら約200人が訪れ、アフリカの魅力を満喫した。

 イフムサクトは国際医学生連盟日本支部に所属。同支部はアフリカ・ザンビアのマケニ村への診療所建設を計画しており、イフムサクトは建設費に充てようと、県内外のイベントで「ザンビア風お好み焼き」を販売している。今回のイベントは、アフリカの魅力を多くの人に知ってもらおうと企画した。

(全文 642 文字 / 残り 362 文字)