クルーズ列車運行、振興協にクルーズ・オブ・ザ・イヤー特別賞

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
竿燈まつり期間中に運行したクルーズ船観光客用の列車=8月3日、秋田市土崎港相染町

 魅力的な船旅を顕彰する「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2017」の特別賞に、「秋田港クルーズ列車トライアル運行」などを実施した「あきたクルーズ振興協議会」(会長・佐竹敬久知事)が選ばれた。本県団体の受賞は初。

 船会社や旅行会社などでつくる日本外航客船協会(東京)が主催。業界の発展に寄与した商品のほか、商品をつくった船会社や旅行会社、クルーズ誘致に貢献した自治体などを表彰している。2008年に始まり、今年で10回目。

(全文 587 文字 / 残り 379 文字)