「小坂ワイン」デビュー 地元で原料生産から醸造まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
販売が始まったロゼと白の「クリスマスヌーヴォー」

 秋田県小坂町に今秋オープンした「小坂七滝ワイナリー」で仕込んだ初物ワインが完成し、16日発売される。「クリスマスヌーヴォー」と銘打ったロゼと白の2種類。ブドウ農家らの念願だった、原料生産から醸造まで全てを地元で手掛ける「小坂ワイン」がデビューする。

 原料は町内の鴇(ときと)地区で栽培されたブドウで、ロゼにヤマブドウ交配種のワイングランド、白にナイアガラを使った。ラベルには町を代表する明治の洋風建築・小坂鉱山事務所をあしらった。

 ロゼは700本、白は400本の限定生産。いずれも720ミリリットル入りで1500円(税別)。鉱山事務所内の売店のほか、町内8カ所のスーパーや酒屋で販売。

(全文 777 文字 / 残り 484 文字)