フェイスブック県人会が豪雨義援金10万円 大仙市に寄贈

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐藤副市長(左)に目録を渡す齋藤会長

 秋田県出身者らがインターネットで交流する「フェイスブック秋田県人会」は14日、大仙市に夏の豪雨災害の義援金10万123円を贈った。

 同会は会員約1万2千人。大仙市が7、8月に相次いで豪雨に遭ったことを受け、8~9月にフェイスブック上で寄付を募ったほか、秋田市の飲食店に募金箱を置いた。

(全文 238 文字 / 残り 95 文字)