挑戦、冬の陣(3)[駅伝男子・秋田工]上位進出へ貪欲さ必要

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
上位進出を目指し練習に取り組む秋田工の選手=秋田市の八橋陸上競技場

駅伝男子(24日・京都)
【秋田工・5年連続23度目】

 昨年の全国大会ではエース区間の1区で8位に付けたが、2区以降で勢いを失い、2時間7分35秒の21位に終わった。悔しさを味わった部員たちは「昨年のチームの成績を超える」ことを目標に厳しい練習を乗り越えてきた。

 10月の県予選は出場した7人全員が区間1位の走りで危なげなく5連覇を達成。ただ優勝タイムは2時間8分7秒で、昨年の県予選でマークした2時間7分56秒には及ばなかった。先月の東北大会は2時間9分13秒で4位。昨年の東北大会から1分50秒遅く、4連覇を逃した。タイムは昨年を超えられないままだ。

(全文 844 文字 / 残り 568 文字)

この連載企画の記事一覧