バド米元、田中組(北都銀)が決勝進出 SSファイナル

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルスで決勝進出を決めた米元(手前)、田中組=ドバイ(AP=共同)

 バドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナルは16日、ドバイで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスは世界選手権銀メダルの福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)と米元小春、田中志穂組(北都銀行)がそろって勝った。17日の決勝は、ともに初出場の日本勢が対決することになった。

 福島、広田組は中国ペア、米元、田中組はリオデジャネイロ五輪銀メダルのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)を、いずれも2―0で下した。