花火とイルミネーション、冬の夜彩る 大仙市角間川町

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
冬の夜を彩った花火と光のオブジェの共演

 秋田県大仙市角間川町の浜倉周辺で23日、「イルミネーション花火」が行われ、色とりどりの花火約800発と電球を取り付けた光のオブジェが冬の夜を彩った。大曲商工会議所南部地区協議会(佐々木繁治会長)の主催で8回目。

 会場には、光のタワーや五輪マークをイメージしたオブジェなど、発光ダイオード(LED)電球約8千個を使ったイルミネーションが設置された。

(全文 293 文字 / 残り 119 文字)