2017年読者が選んだ秋田十大ニュース(下)

お気に入りに登録

 「2017年秋田十大ニュース」は次の通り。

1位:記録的大雨
2位:北朝鮮、男鹿沖にミサイル
3位:県人口、100万人割れ
4位:佐竹知事、ゴルフ問題
5位:BB秋田、J3初制覇
6位:北朝鮮籍船、漂着
7位:クマ目撃、1000件超え
8位:ヨネタナ、バドSS初V
9位:衆院選・小選挙区、自民独占
10位:ねんりんピック秋田、開催

 6位以下を詳しく紹介します。

6位:北朝鮮籍船、漂着

由利本荘市の「本荘マリーナ」付近に漂着し係留された木造船=11月24日(共同通信社機から)

 由利本荘市の「本荘マリーナ」近くに11月23日、北朝鮮籍の木造船が漂着。乗組員8人が保護された。県警は25日、木造船が現場からなくなったと明らかにした。その後、船の一部とみられる木片などが漂着場所の近くから見つかった。27日には、男鹿市の宮沢海水浴場で北朝鮮から流れ着いたとみられる木造船の中から8人の遺体が見つかった。

7位:クマ目撃、1000件超え

秋田市太平八田の県道沿いに現れた親子とみられるクマ=6月10日

 今年、県警に寄せられたクマの目撃件数は9月6日までに1003件に達した。統計が残る2005年以降で千件を超えたのは初めて。県は11月、9年ぶりに県猟友会にクマ猟を解禁した。

8位:ヨネタナ、バドSS初V

バドミントンのインド・オープンでスーパーシリーズ初優勝を果たした米元(左)、田中両選手=4月2日、ニューデリー(日本バドミントン協会提供)

 バドミントン国際オープン大会最高峰スーパーシリーズ(SS)の一つ、インド・オープンの女子ダブルス(4月2日決勝)で、米元小春、田中志穂両選手(北都銀行)が初優勝を果たした。米元、田中組は12月17日、SS年間上位者らが出場するSSファイナルも制覇した。

9位:衆院選・小選挙区、自民独占

小選挙区で当選した(左から)1区・冨樫博之氏、2区・金田勝年氏、3区・御法川信英氏=10月22日

 第48回衆院選は10月22日に投開票が行われ、1区は冨樫博之氏(62)、2区は金田勝年氏(68)、3区は御法川信英氏(53)=いずれも自民=が勝利し、2012、14年の衆院選に続いて小選挙区で自民が議席を独占した。比例東北では、名簿単独1位で希望前職の寺田学氏(41)が当選。2区に出馬した希望新人の緑川貴士氏(32)が復活当選した。(年齢は当時)

10位:ねんりんピック秋田、開催

47都道府県と20政令指定都市の選手、関係者が一堂に会して行われた総合開会式=9月9日、秋田市雄和の県立中央公園陸上競技場

 第30回全国健康福祉祭あきた大会「ねんりんピック秋田2017」が9月9日から12日まで県内各地で開催された。初日は秋田市雄和の県立中央公園陸上競技場で総合開会式が行われた。本県を含む47都道府県と20政令指定都市の各選手団約1万人が元気に力強く行進した。

11~20位のニュース

(11)全国学力テストで本県が10回連続で全国トップ級の成績を収める
(12)本県のPR活動に奔走した県の公式マスコットキャラクター「スギッチ」が引退 
(13)山梨県で育てられた淡水魚クニマス5匹が仙北市の田沢湖クニマス未来館に搬入された
(14)第72回国民体育大会「ながの銀嶺国体」冬季スキー競技会で、本県が天皇杯と皇后杯を初めて同時獲得
(15)秋田新幹線が開業20周年を迎え、JR秋田駅で記念出発式が開かれた
(16)任期満了に伴う第19回知事選は、現職の佐竹敬久氏(69)=無所属=が3選を果たした(年齢は当時)
(17)バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツが、2部(B2)に降格
(18)北朝鮮に対する弾道ミサイル防衛(BMD)の新規装備となる「イージス・アショア」の配備候補地に秋田市新屋町
(19)皇太子ご夫妻が第53回献血運動推進全国大会(秋田市)への出席などのため来県
(20)県内は8月24日から25日朝にかけ、大雨に見舞われ、大仙市で再び雄物川が氾濫するなど、各地で浸水被害などが相次いだ

秋田市・伊藤さん、10項目全て的中

 秋田十大ニュースへの投票を集計した結果、秋田市の伊藤師さんが唯一、10項目全て的中しました。伊藤さんには1万円相当の記念品をお送りいたします。

 このほか、9項目的中した11人に加え、8項目的中の94人の中から抽選で選んだ18人を加えた次の29人に3千円相当の記念品をお送りします。(敬称略)

 ▽9項目的中=今野恵、加賀谷修、渡部拓未、加賀谷美智子、高橋志郎、澤田一雄、浅野目到、藤井徳明(以上秋田市)、土谷章(東成瀬村)、伊藤悦子(横手市)、高橋信次(仙北市)

 ▽8項目的中(抽選)=渋谷アイ子、石田竜、近藤里菜、近藤久美子、河本幸子、越前裕子(以上秋田市)、篠原由里子、鈴木美和子(以上にかほ市)、鈴木不三夫、三浦真希子(以上潟上市)、小畑明雄(大館市)、大高正、田中武(以上能代市)、高橋鉄兵(仙北市)、伊藤大地(千葉市)、伊藤豪和、加藤信和(以上大仙市)、加藤大輔(美郷町)