鏡の中の顔、ぐるぐる 多彩な仕掛けに興奮、横手でイベント

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鏡の反射の性質を利用した不思議な合わせ鏡

 鏡や映像などを使った仕掛けで不思議な空間や作品を演出したイベント「ミラクルワールド」が、秋田県横手市の秋田ふるさと村で開かれている。投影された映像が浮き出たように見える部屋や、光を当てると模様が浮かび上がる絵画など、多彩な仕掛けで遊べる。来年3月11日まで。

 仕掛けは全部で27種類。「ゆれる橋」は、通路の両脇にある鏡張りの壁が左右に揺れ、床は動いていないのに、脳が「揺れている」と錯覚して真っすぐに歩けなくなる仕掛け。また、2枚の鏡を90度にくっつけた合わせ鏡は、反射の性質を利用した仕掛けで、前に立って鏡を回転させると自分の顔もぐるぐる回って見える。

(全文 596 文字 / 残り 318 文字)