秋田工8強ならず、高校ラグビー トライ数で及ばず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田工―東海大仰星】後半4分、秋田工のSH柴田がトライを決め11―17とする

 第97回全国高校ラグビー大会第4日は1日、東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われた。Bシードの秋田工は、前回大会準優勝で同じくBシードの東海大仰星(大阪第2)と白熱した攻防を繰り広げて27―27で引き分けた。同点の場合はトライ数が多いチームが勝ち上がる規定により、5トライの東海大仰星に対し、3トライだった秋田工は8強入りを逃した。

(全文 586 文字 / 残り 415 文字)