わらび座、感謝込め「あめまき」 秋田市、正月三が日公演祝う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
あめ入りの袋を観客にまく出演者

 秋田市中通のにぎわい交流館で上演中のわらび座ミュージカル「東海林太郎伝説―秋田が生んだ永遠(とわ)の歌声―」の出演者による「あめまき」が1、2の両日、舞台終了後に同館で行われ、正月三が日公演を祝った。あめまきは3日も行われる。

 わらび座は毎年、正月三が日公演で、来場した観客に感謝の気持ちを込めてあめをまいている。この日は東海林太郎役の高野絹也さん(54)ら出演者4人が舞台に立ち、あめや感謝の気持ちを記したメッセージカード入りの袋を客席に投げた。

(全文 476 文字 / 残り 251 文字)