三浦隆司さんら、五十嵐選手たたえる ボクシング世界戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
敗れた後、左手を上げ観客席の声援に応えて引き揚げる五十嵐選手(右)=大田区総合体育館

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(昨年12月31日、東京都大田区総合体育館)で、元世界王者の五十嵐俊幸選手(33)=秋田県由利本荘市出身、西目高出、帝拳ジム=がレフェリーストップによりTKOで敗れ、引退を表明した。選手生活を支えてきた家族や関係者は「最後までよく頑張った」と健闘をたたえた。

 世界ボクシング評議会(WBC)元スーパーフェザー級王者で、5カ月前に引退した三浦隆司さん(33)=三種町出身、金足農高出=はリングサイドで観戦。

(全文 680 文字 / 残り 452 文字)