夏の甲子園「第一回」の記憶(1)県内で敵なしだった

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田中が全国大会で準優勝した時は5年生だった。5年生といえば21歳か22歳だったね。当時、僕は野球ばっかりだったからね。あの頃に流行していたことなんかは何も分からないんだよ。

 在学中の成績は後ろの方から数えた方が早いぐらいだったけど、だんだん上がっていった。毎年、学年で3人から5人は落第するんだけど、野球部員で落第するのはいなかったね。

(全文 792 文字 / 残り 622 文字)

この連載企画の記事一覧