男鹿「東海岸」魅力広がれ そば、アジサイ寺、ブルーベリー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色鮮やかなアジサイが咲く雲昌寺=昨年7月6日

 寒風山や男鹿水族館GAOなど数々の観光名所がある男鹿半島。これまで主要な観光ルートから外れていた半島北東部に、新たなスポットが誕生し脚光を浴び始めている。地域を思い活動する人々と「東海岸」の魅力を紹介する。

 男鹿市男鹿中浜間口に昨年9月、手打ちそばの店「浜のそば」がオープンした。営業日の土日祝日は市内外から多くの人が訪れ、地元産のそば粉を使った看板メニュー「潮かぶりそば」を味わった。

 浜間口地区は約50戸。砂浜が続く海岸線は美しく、晴れた日は入道崎や男鹿の山々が見渡せる。そば店は、この地区を拠点に男鹿半島北東部の活性化に取り組む市民団体「おが東海岸推進協議会」が空き家を改修して開いた。

(全文 1429 文字 / 残り 1132 文字)