由利が16強入り、雄物川は初戦敗退 春高バレー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子2回戦・由利―都城商】第2セット、由利の梶原(右)、藤原(中)が相手エースのスパイクをブロックする

 バレーボールの第70回全日本高校選手権大会(春高バレー)第2日は5日、東京体育館で男女2回戦を行った。

 女子の由利は都城商(宮崎)を攻撃力で圧倒、ストレート勝ちを収めて16強入りを果たした。由利は6日、3回戦で就実(岡山)と対戦し、勝ち上がれば準々決勝に臨む。

 男子の雄物川は松阪工(三重)にフルセットの末敗れ、4年連続初戦敗退となった。このほか、女子は3連覇を目指す下北沢成徳(東京)が京都橘を2―0で退け、男子は全国高校総体王者の鎮西(熊本)が埼玉栄に2―1で逆転勝ちした。

(全文 698 文字 / 残り 458 文字)