行こうよ!県北道の駅[道の駅かづの]体験メニューが好評

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
たんぽ作りを楽しむ台湾からの観光客たち

 十和田、八幡平の両地域を結ぶ国道282号沿いに立地するのは「道の駅かづの」。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録された「花輪ばやし」の屋台展示や、発祥の地としてPRするきりたんぽの手作り体験を売りにしている。

 きりたんぽ体験では、つぶしたご飯を串に巻き、特製のクルミ入りみそを付けて炭火で焼く。こんがりきつね色に仕上がると香ばしい匂いが漂い、食欲をそそる。体験料金は1串当たり300円。10人以上の団体で利用する場合は予約が必要。

(全文 433 文字 / 残り 210 文字)

この連載企画の記事一覧