魁杯県ミニバスケ 男子は能代ブルーインズ、女子は森岳がV

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子決勝・能代ブルーインズ―向能代ストーンズ】第1クオーター、能代ブルーインズの佐々木がフローターシュートを放つ

 魁杯争奪第46回県ミニバスケットボール交歓大会兼第40回県スポーツ少年団大会最終日は9日、秋田市のCNAアリーナで男女の準決勝、決勝を行った。男子は能代ブルーインズが20年ぶり4度目の頂点、女子は森岳が初優勝し、能代山本勢が男女アベックVを飾った。大会は、県バスケットボール協会と県、県体育協会、県スポーツ少年団、秋田魁新報社の主催。

 能代ブルーインズ(能代山本)は向能代ストーンズ(同)、森岳(同)は川尻(秋田)をそれぞれ下し、栄冠に輝いた。男女優勝チームは全国大会(3月28~30日・群馬県高崎市)に出場。男子準優勝の向能代ストーンズ、3位の牛島(秋田)、大住(同)と、女子準優勝の川尻、3位の秋大付(同)、豊川ミラーズ(大仙仙北)の計6チームは東北ブロック交歓大会(3月10、11日・秋田市)に進む。

(全文 861 文字 / 残り 507 文字)

試合結果はこちら