「戌」の土人形、愛らしく 全国から収集、35点並ぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
犬の土人形など35点が並ぶ企画展

 今年の干支(えと)「戌(いぬ)」にちなんだ土人形や土鈴の企画展が秋田市手形の「栖秀(せいしゅう)の郷土人形館」で開かれている。同館の梅津秀さん(68)が東北を中心に全国17の工房から集めたり、自身で作ったりした作品が並び、館内はほのぼのとした雰囲気に包まれている。3月末まで。

 企画展示コーナーには、色鮮やかで丸い目をした横手市の中山人形「戌土鈴」や、福島県会津若松市の中湯川人形「立ち犬」など35点を展示。タイをくわえた犬や、子どもを乗せた犬などユニークな作品もある。

(全文 546 文字 / 残り 310 文字)