リンゴのおいしさ、春まで 秋田市雄和で雪中保存作業

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リンゴの入ったコンテナを軒下に積み上げる従業員

 秋田市雄和の種沢果樹組合(伊藤敬一組合長)は11日、昨年秋に収穫したリンゴを雪の中に保存する作業を行った。

 リンゴの雪中保存は2011年から毎年行っており、今冬が8回目。雪の中では温度や湿度が一定に保たれるため、甘みやみずみずしさが維持されるという。

(全文 301 文字 / 残り 175 文字)

秋田魁新報