JAおばこ巨額赤字、月内に報告書 幹部や担当職員ら聴取

お気に入りに登録

 コメの直接販売事業で巨額の未収金や累積赤字が出ているJA秋田おばこ(本所秋田県大仙市)は12日、弁護士や農家の代表者でつくる調査委員会を開き、幹部などに経緯を聞き取りした報告書を月内に作成することを決めた。

 委員会は非公開。関係者によると、聞き取りはコメの直接販売に携わった現職、元職の幹部や担当職員など約20人が対象。

(全文 353 文字 / 残り 192 文字)